二児の父の無農薬家庭菜園日誌〜そして、農家になる〜

二児を育てるアラサーパパが無農薬で野菜栽培に挑戦する記録。現在農家ではないが、夢は…

豆摘心。

 

実験的に豆の摘心を行いました。

 

 

葉が小さく色薄く、茎もしっかりしていない豆類が花を咲かせています。

子孫を残そうと頑張っています。

 

 

本当はもう少し早めに摘心しなければいけなかったのですが。気がついたら花をつけていました。汗

 

 

摘心を行い主茎の成長を止める事で、脇芽の成長が活発になると言います。

ということは花を咲かせた後ではなく、花を咲かせる前の株が成長中に行う事で脇芽がぐんぐん伸びるんだと私は思っています。

 

なのでこれから摘心をしても脇芽がぐんぐん出てきて、豆も増えるというのは期待できないかもしれません。

 

 

でも、でも

もしかしたら、もしかしたら

と思ってしまいます。

 

 

そうなると実験的にやってみるのが一番です。

 

 

当たって砕けるくらいじゃなきゃ\(^^)/

 

 

毛豆、錦秋共に全株の半数を摘心しました。

 

f:id:dacchy:20170823060646j:image

 

 

 f:id:dacchy:20170823060740j:image

 

錦秋の花は白でしたけど、毛豆は紫ででした。すごくきれいだ。

 

 

そして、折角なんでまだ花の付いてない小豆も。

 

 

 

 

よっしゃ。

あとは収穫を待つだけかなー?(^^)

 

いや、もう一回土寄せと除草がしたいな。

 

 

それにしても株の成長が悪い原因はなんでしょうか。

晩生の品種だったので6月末に播きましたが、もう少し早く播いた方が株の成長に集中できたのでしょうか?

それとも、ぐちゃぐちゃの土壌環境が影響しているのでしょうか?

除草が遅れたのも少しはあるかもしれませんがそこじゃない気がするなー。