二児の父の無農薬家庭菜園日誌〜そして、農家になる〜

二児を育てるアラサーパパが無農薬で野菜栽培に挑戦する記録。現在農家ではないが、夢は…

枝豆の防虫ネットはがす。

 

鳥との枝豆(毛豆)争奪戦に勝つため、掛けていた防虫ネットをとりました。

 

追加で種を播いてから11日たった今日、畑を見に行くと

 

f:id:dacchy:20170718215849j:image

 

こんな感じになってました。

 

 

 

て、見えないですよね。

 

 

ネットをはぐと

 

f:id:dacchy:20170718220005j:image

 

こんな感じです。(笑)

 

 

苗の成長がまばらなのと欠株が多いのとで、どっちみち見えにくいです。

いや、よく見ると手ブレも(笑)

 

 

防鳥も大切ですが、鳥だけ防げば良いというものでもないようです。

 

種自身も大事

播く場所も大事

外敵からの保護も大事

全て大事。

 

むすがしいですね。

 

成長段階は、遅いもので初生葉展開、早いもので本葉3枚です。

 

本葉が4枚になったら土寄せを行おうと思います。

土寄せとは土壌から外に出ている、茎へ土を被せることです。被せられた茎から根が出る事で成長を促したり、株が風で倒れてしまうのを予防したりすることが出来ます。

結果、増収につながって、ハッピーになれます。

 

手間はかかりますが、必要な作業です。

 

 

 

まだ全然初期ステージですが、家庭菜園初心者として感じたのは

 

  • 枝豆は周りに水の入る田んぼがあり、べちょべちょしてしまうところでも育てられらる。むしろ、ねちょねちょで畝高の所の方が発芽が揃っていた。
  • 防鳥は播種直後、不織布ベタがけ→外すのは初生葉が展開したら。
  • 双葉が黒くなってしまっているのは、播種深度が深すぎるのかな?種自身に問題があったのかな?

 

というような感じです。

 

 

来年の種まきに生かそう!