二児の父の無農薬家庭菜園日誌〜そして、農家になる〜

二児を育てるアラサーパパが無農薬で野菜栽培に挑戦する記録。現在農家ではないが、夢は…

トマト達

 

畑に直播したトマト達の第1花房がやっと見えてきました。

 

もう7月中旬にさしかかりそう(汗)

トマトを育てたことがある方なら、この時期にこの状態は

 

ありえない。

 

って言いたくなると思います。

 

ただ、自家用ですので許して下さい。

 

 

まずは

 

ポンデローザ!(訂正:こっちはスタピスでした。このトマトらしくない葉をポテトリーフと呼ぶらしく、スタピストマトはこの葉を持ちます。)

f:id:dacchy:20170711225648j:image

 

次に

 

スタピス!!(訂正:こっちがポンデローザでした)

f:id:dacchy:20170711225722j:image

 

そして

 

 

シュガーランプ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

は写真撮り忘れましたー。

 

ちなみに写真では花房が小さいし、アングル悪いしで確認出来ません。

 

 

発芽したての時は葉が褐色になり、その時はあーあとか思っていましたが盛り返してきました。

 

このペースで行くと収穫は8月下旬とかになるのでしょうか?

一番暑い時まで収穫できないとか、なかなかじらしてくれますね。

こうなると是非とも美味しいトマトをとりたい。種もとりたい。

大切にしよう!

 

 

訂正箇所あり。加筆してます(7/22)

失礼しましたm(_ _)m

鳥対策。

 

豆播きから1週間経ち、昨日畑に行ってきました。

果たして豆は鳥に食べられているのかいないのか…

 

 

 

 

 

畑に着いた時、空は朝焼けできれい。空気は少ししっとり。そして鳥の鳴き声が響きわたってました。

 

 

 畑最高。めっちゃ気持ち良い…。

 

 

 

 

 

 

f:id:dacchy:20170707142524j:image

 

_| ̄|○

 

 

対策を怠った者が悪いのです。

鳥は自然界で生き残る為に必死なのですから。

 

およそ3割の毛豆は引っこ抜かれてました。錦秋はなぜか無事です。

 

毛豆の方が美味しいのかな?

 

 

それはおいといて。

まだ子葉(豆の部分)が土を持ち上げ始めで地表に出ていないところは対策すれば間に合うはず。

 

 

ホームセンターで畝にベタ掛けする資材を購入。

 時間がなく大体で選んだ防虫ネット(1.35m×10m)2枚。

 

 

1畝1枚で2畝分と思い用意して、今朝掛けに行くと

 

f:id:dacchy:20170707220309j:image

 

み、短い…。

 

いや、畝が長い。

 

1枚で2畝にまたがる様にかけて、2枚使用して覆いました。

 

f:id:dacchy:20170707215404j:image 

 

同時に引き抜かれたところへ追加で播種して終了。

 

 

鳥対策は一般的に畑に直播の後鳥がつつけないよう資材で覆うパターンと、育苗してつつかれない様になってから定植するパターンがあるようです。

 

それぞれの一長一短は

 

直播

メリット

  • 播種機を使用すれば大面積を素早くこなせる

デメリット

  • 大面積を使用すればそれだけ覆う資材が必要になり、コストがかかる

 

定植

メリット

  • 育苗なので覆う資材が少なくて済む
  • 発芽したしないによる欠株は畑には出ない

デメリット

  • 大面積だと定植に労力がかかる

 

 

だと個人的に思っています。

 

 

どっちが良いのでしょうか。

 

 

家庭菜園ならどっちでも良いか。

美味しい枝豆とるぞー。

ノーアクセスノーマイブログライフ

今日はこの家庭菜園ブログにはなぜ

誰もアクセスしないのかについて真面目に考えてみようと思います。

 

栽培の記録をすることがメインでこのブログを始めたのですが、アクセス解析という機能があるのでどうしてもそれを覗いてしまいます。

いやらしいですねー(汗)

 

そしてそこで落胆するのです。

今日もノーアクセスかと…_| ̄|○

 

こうなったら、誰にもアクセスされずにブログを書き続けた記録でも作ってやろうかと考えましたが…

 

でもやっぱりこのままだと、寂しいと思い始めました。

 

ではなぜかを考えなければなりません。

 

そこで自分がはてなブログにログインしたとして、読みたくなるのはどんなブログなのかを探しながら考えてみました。\(^o^)/

 

 

探しました…

 

そして探しました…

 

難しいな…

 

 

そしていくつかブログを読んで何と無く感じたのは、星をつけるどうこうはおいといて、タイトルだけでアクセス数に差はそこまで出ないように思えました。(これがブログを書く者に向いてないということかもしれません笑)

 

ただ、ブログを更新する時間は考えなければならないと思います。

ブログを見る人が多い時間帯は夜ごはんを食べた後から寝るまでだと思います。

その時間に更新すればアクセスされる確率が上がります。

また、確率が上がったとしても読んで欲しい人が夜ではなく日中に読む人という場合も考えられます。

 

うーん

 

よくわからないですね。

とりあえず書き続けるしかないのかな。

 

 

最後に…

アクセスはいつかつくでしょう。そこで惹かれるようなブログを書いていなければ意味がありません。

 

アクセスばかり気にせず、やっぱり面白い、興味がわくブログにする事が大事だ。

 

難しいー\(^o^)/

ネットでコンガラガル

 

ツルが伸び始めていたきゅうりのネット張りしました。

 

 

ツルが伸び出してからの成長がすごく早いので、急いでホームセンターへ。

 

 

去年は適当にネットをぶら下げて絡ませましたが。

今年はもう少しかっこよく出来ることを目指して。

 

 

買ったのは幅1.8m×長さ18mのもの。

支柱は直立式ではなく、きゅうり2畝にまたがるように合掌式で組みました。

そこにビニール紐を張りネットを通します。

ですがどう考えても地上から出る支柱が1.8mもない…(汗)

もう少し幅が小さいネットを選べばよかったのですが、もう買ってしまったので。

 

大は小を兼ねる。と思い、余った下の部分はカットして、2畝目に再利用。

そしたら2畝目は見事にネット足りず。\(^^)/

追加で麻紐を張りました。

 

f:id:dacchy:20170705165849j:image

 

かっこ悪いですが、きっと大丈夫でしょう。

 

 

きゅうりネットのカットは途中で訳がわからなくなります。

絡まるし。どこのひし形を切って、どこを支柱と結びつけてとか。ほんと難しい。

 

次はもう少し手際よく出来るかな。

 

 

この調子だと7月末にはきゅうりにありつけそうです。(^^)

なすがままに

 

今日は毛豆の播種と庭の管理を行いました。

 

毛豆は30cm間隔で2粒ずつ。

 

f:id:dacchy:20170630223553j:image

 

人が美味しいと思っていますので、鳥達もきっと食べにきます。第一関門です。

どうか鳥達が食べ残しますように(^^)

 

 

 

一方で

 

 

庭に植えている作物達は、

 

 

ものすごく成長が遅く、いつ収穫どころかそもそも収穫できるのか怪しいのが出てきました(汗)

 

f:id:dacchy:20170630225547j:image

 

それがこのなす。

周りの草はちょいちょい刈って、あとはなすがままにしていました。

畑に直播きで1ヶ月半経ちますが、このかわいいサイズ。

 

 

がさすがにこのままではいけないと

 

コイン精米機より米ぬかを調達し播きました。

また、最近雨がなく、次の雨が休み明けという事で潅水も。

 

 

全体的に成長が遅い中、収穫という希望の光が。

 

f:id:dacchy:20170630231457j:image

 

みやまこかぶ。

 

 

あと2週間くらいでもう少し太るはず。

 

 

この庭では果菜類より、根菜類の方がいいですね。

 

 

今年色々育てながら、畑の状態も改善することを目指します\(^^)/

 

 

小豆と枝豆播きました。

こんばんは。

 

やっと豆を播けました。

 

小豆は大粒でとても味が良いという

丹波大納言小豆。

 

3粒を40〜50cm間隔で。

f:id:dacchy:20170627141848j:image

 

枝豆は、大豆としても枝豆としてもいける錦秋という中晩生の品種。

 

こっちは2粒を30〜40cm間隔で。

f:id:dacchy:20170629215718j:image

 

残りは明日、在来種である毛豆というさやが毛むくじゃらで甘い豆を播く予定です。

親戚が繋いできた種を少し分けてもらいました。

 

豆の天敵と言われる鳥達がどれくらい暴れる畑なのかわかりませんが…

 

無事繋げられたらいいな

種を播くのも、食べるのも楽しいから。

 

 

 

 

土を乾かしたい。

豆を撒くのに選んだ土地はもともと水田だったということで。

 

土を出来るだけ乾かし空気が含める状態にしたいと、数日前に起こして今日見に行ってみると…

 

畑の表面はガシガシ。中はネチョネチョ。

 

そう、粘土なのです。

 

本当は少しボコボコをならして、豆をまいて、本葉数枚展開後に土寄せがてら、畝を形成したいと思っていましたが。

 

 

この水浸しの窒息状態を抜けないと進まないので

 

ひたすらスコップと鍬で

 

高めの畝を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:dacchy:20170621213858j:image

完成!!

 

 

 

今月中に播きます。

 

ラインナップは

丹波大納言

錦秋

そして、ソウルフード、毛豆!!

 

 

うー、楽しみー