二児の父の無農薬家庭菜園日誌〜そして、農家になる〜

二児を育てるアラサーパパが無農薬で野菜栽培に挑戦する記録。現在農家ではないが、夢は…

豆摘心。

 

実験的に豆の摘心を行いました。

 

 

葉が小さく色薄く、茎もしっかりしていない豆類が花を咲かせています。

子孫を残そうと頑張っています。

 

 

本当はもう少し早めに摘心しなければいけなかったのですが。気がついたら花をつけていました。汗

 

 

摘心を行い主茎の成長を止める事で、脇芽の成長が活発になると言います。

ということは花を咲かせた後ではなく、花を咲かせる前の株が成長中に行う事で脇芽がぐんぐん伸びるんだと私は思っています。

 

なのでこれから摘心をしても脇芽がぐんぐん出てきて、豆も増えるというのは期待できないかもしれません。

 

 

でも、でも

もしかしたら、もしかしたら

と思ってしまいます。

 

 

そうなると実験的にやってみるのが一番です。

 

 

当たって砕けるくらいじゃなきゃ\(^^)/

 

 

毛豆、錦秋共に全株の半数を摘心しました。

 

f:id:dacchy:20170823060646j:image

 

 

 f:id:dacchy:20170823060740j:image

 

錦秋の花は白でしたけど、毛豆は紫ででした。すごくきれいだ。

 

 

そして、折角なんでまだ花の付いてない小豆も。

 

 

 

 

よっしゃ。

あとは収穫を待つだけかなー?(^^)

 

いや、もう一回土寄せと除草がしたいな。

 

 

それにしても株の成長が悪い原因はなんでしょうか。

晩生の品種だったので6月末に播きましたが、もう少し早く播いた方が株の成長に集中できたのでしょうか?

それとも、ぐちゃぐちゃの土壌環境が影響しているのでしょうか?

除草が遅れたのも少しはあるかもしれませんがそこじゃない気がするなー。

 

 

今日の庭

 

夕方に庭の様子見に行きました。

 

 

きゅうり

 

f:id:dacchy:20170821221820j:image

 

食用は細く短く、採種用は大きく黄色くなってきました。

この採取用はもう少し黄色くなるのを待ちます。

 

 

スタピストマト

 

f:id:dacchy:20170821222212j:image

 

葉に褐色の斑点!

原因はなんだろう…。

乾燥し過ぎ?ウイルス的な?

 

でも、ちょっと前に雨は降ったような。

 

ネットによると、トマトには色々な病気があるようで。

もう、わかんないわーって感じです。

 

 

ポンデローザトマト

 

f:id:dacchy:20170821223345j:image

 

葉の端、葉脈、茎が黒ずんできているように見えます。

 

もう少しでトマトが色づくから、頑張って欲しいところ(>人<;)

 

 

にんじん

 

f:id:dacchy:20170821223959j:image

 

播種からちょうど1ヶ月。

こっちは順調かなー。

 

 

インゲン豆

 

f:id:dacchy:20170821224213j:image

 

こっちも播いてから約1ヶ月ですが、勢いを感じません。播くのが遅かったかな?

来年はもっと早く播く!

 

 

ブロッコリー&白菜

 

f:id:dacchy:20170821224736j:image

f:id:dacchy:20170821224726j:image

 

1週間前に播いて無事発芽。

ポット育苗と並行して育てています。

これから虫との戦いが始まる。

 

 

長ねぎ

 

f:id:dacchy:20170821225157j:image

 

 

大根

 

f:id:dacchy:20170821225508j:image

 

野沢菜

 

f:id:dacchy:20170821225619j:image

 

これらも同様に発芽ラッシュ。

 

 

最後に

 

サツマイモ

 

f:id:dacchy:20170821225715j:image

 

もっともっとつるが伸びないまずいと思います。

伸びてくれー。

 

 

 

という事で発芽に関しては順調という状況です(^^)

夏が終わる前に…

 

なるべく暖かいうちに種を播く。

 

ここ最近の最高気温は25℃位。

播き遅れるくらいなら、早く播いた方が良いと思います。

どんなに虫に邪魔されてもいくつか株が残るかもしれないけれど、気温が足りなかったり、霜が降りたりというのは全株に等しく降りかかります。

両方色々対策はあるでしょうが…。私は早めに播きます!

 

 

そしてこれがこの夏の終わりから育てる作物リスト。

 

 

ちなみに玉ねぎより下は収穫が来年になります。

 

本当にこんなに出来るのかわかりませんが、とりあえず種を取り寄せして出来るところから始めていきます。

 

 

この中で今一番優先すべきは白菜、ブロッコリーです。

これらは育つのに時間がかかり収穫が来年というのも普通のことですが、ここは積雪地域なのでそこまで待っていられません。

 

 

という事で。

いざ。ポット育苗。

 

 

ブロッコリーはドシコ!
白菜は松島新二号白菜!

8/14播種。

 

育苗土は買ったものではなく、畑の土をふるいにかけたものを使用。そこで1つ良い経験を積みました。

なるべく目の細かいふるいを使ってサラサラな土と種をポットに入れ、水を注ぐと土が泥になってしまいました。さらにポットの穴から土が流れ出るという…。

 

成長に必要な土は減るし、泥っぽくなり酸素不足と水はけ悪い状態をまねくので最悪の育苗環境です。

 

でも、もう播いてしまったので。

この逆境に打ち勝つものが現れますようにm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

その3日後

 

8/17

f:id:dacchy:20170819233846j:image

 

発芽しました。

ブロッコリー、白菜共に4ポットずつです。目印をつけていないので発芽したのがどちらか私には見分けがつきません(T-T)

もう少しして葉に違いが出てからのお楽しみです。

  

赤へ変われーー!

 

トマトが色づくのが楽しみでなりません。

 

 

ポンデローザトマトとスタピストマトの第1花房が開花してから間もなく1ヶ月。

播種からは90日が経ちます。

はやー

 

 

ポンデローザ

 

f:id:dacchy:20170819215623j:image

 

1房に4つ実をつけています。

このトマトは大玉の品種なので実の数を減らした方が、大きなトマトになるのですが…

欲張ってしまいました。(汗)

 

 

スタピス

 

f:id:dacchy:20170819215807j:image

 

こっちは中玉の品種。もう少し大きくなるのかな?形はゴツゴツでちょっと硬そう。

 

共に実が肥大してきており、たぶんあと1ヶ月以内には完熟します。

 

ここまで待ったからには一粒も取り逃がしたくありません。いや、取り逃がしません。

なのでネットをかけました。

家庭用排水溝ネットに、ネットを閉じるやつをつけて。

調べると洗濯バサミを使ってネットを閉じる方法が載っていたのですが、そんな弱っちいのだと風や鳥によって取れてしまう可能性があるので、ネットを閉じる専用のをつけました。(写真とるの忘れました。)

 

 

これでよし。 

f:id:dacchy:20170819222914j:image

 

濃い味のトマトだといいなー

豆採れるんでしょうか?

 

草まみれの豆達を救出してきました。

 

前回8月頭に畑を訪れてから約2週間後のおとつい。

 

f:id:dacchy:20170817004149j:image

 

あまり手をかけずに育てられると考えていたのですが…。

葉の色がとても薄く、草負けしている感じがしたので、周りの草を片づけてきました。

 

生えている草は不定根が尋常じゃなく、この面積を作業するのになんだこんだで2時間ほど。

 

f:id:dacchy:20170817004922j:image

 

株がよく見えるようになりました。

そして錦秋がきれいな花を咲かせています。

 

f:id:dacchy:20170817005531j:image

 

本葉7枚程で、葉の色も薄くこんな状態で花をつけても本当に大丈夫なんでしょうか?

 

 

また、あずきは病気が出ました。

 

f:id:dacchy:20170817010719j:image

 

さび病でしょうか? 畝を高くしてもジメジメしてるってことかな?

来年は里芋を植えてみよう。

 

 

毛豆は本葉7枚で花はまだ。

 

f:id:dacchy:20170817012448j:image

 

さび病でないといいな。

 

 

上でも書きましたが、どの豆も非常に葉の色が薄く、茎もがちっとしている感じはありません。

本来、豆類は栽培に必要な窒素分を、自ら準備するというハイパーな作物ですので、無肥料でもなんら問題ないはずです。

草刈りが遅かったのかなー。

 

 

畑に行く途中、ところどころに枝豆が植えてあり、ついつい自転車の運転そっちのけで見入ってしまいます。

そのどこの豆よりも葉の色が薄い。

この地域で一番薄いんじゃないかってくらい。(笑)

 

 

でも、他の方の育てている品種も肥料の有無もわからないので比べようがありません。(うちは肥料を与えていません)

また、色が濃く勢いが強すぎても豆がつきにくくなるという事もあります。

 

 

なのでこんな時はよく親に言われたこの言葉を思い出します。

 

 

よそはよそ、うちはうち。

 

このきゅうり何者?

 

きゅうりが採れ始めました!

 

 

待ちに待ったきゅうりが先週から。

 

先週取れたのがこれ↓

f:id:dacchy:20170804005433j:image

 

早速切って食べてみると、一部に苦味が…。

栽培条件や品種により苦味が出たり出なかったりする様で、今年は雨が非常に少ない状態が続いていた事が原因と思われます。

 

 

また、いろいろ調べていくうちに、きゅうりのイボには黒と白があるという事を知りました。

知らなかったー\(^o^)/

取れたものをよく見てみると黒いイボ。

 

 

 

 

今回私が育てているきゅうりの品種は四葉です。

のはずです。

  

ところが四葉系は本来白イボです。

 

今回播いた種は、去年体験菜園にて配布された種を育てたのちに、自家採種したものです。

そもそも配布された種が固定種四葉じゃなかった?でももらった時確認したのでそこは間違いないはず。

という事は体験菜園内にて交雑してしまったのかな?

 

うーん 

どうなんでしょー

 

 

 

 

でも実は白イボも発見しました。↓

f:id:dacchy:20170804001009j:image

 

去年の採取母本は2つでしたので、黒い株と白い株があってもおかしくありません。

 

 

ま、とにかく白イボの四葉にこだわらず、おいしい実をつける株から種をとります!

 

おいしいは大事。

豆畑ボーボー

 

今朝は豆を植えている畑へ。

 

 

播種から約一ヶ月。数日前に畑へ向かうと草がワイルドな状況で、その日は錦秋と毛豆の土寄せを少しして終わり。

 

今朝は残りの土寄せと草管理を終わらせるため早起きして家を出ました。

 

今朝の作業前 ↓

f:id:dacchy:20170802092808j:image

 

分かりにくいですが両端の畝は数日前土寄せしてます。

土寄せと草管理どちらが先か迷いましたが…。土寄せを先に行い、途中で終了したのでボーボーです。

 

 

今朝は、残りの毛豆(右から二番目の畝)を土寄せして。

草に埋もれた小豆(右から三番目の畝)をちょちょいとやって終わりました。↓

f:id:dacchy:20170802124707j:image

 

あとは、錦秋と毛豆の草管理を終えればオッケーです。

 

 

そう言えば刈った後の草について、

そのまま畝に敷く場合と別の堆積場所に移動させる場合があります。

 

どっちがいいのかなー…っていつも悩みます。

 

敷く場合

  • ゆくゆくは土に還る
  • 草が雨水をはじき、土を覆うことで乾燥を防ぐ。マルチ的な役割。
  • 日を遮って新たな草の発芽を抑制。
  • 刈った草を移動しなくて良い

と、メリットがたくさんあります。

 

ただこれも一つの考え方であって、出来るだけ未完熟残渣は取り除いた方が良いと言う考えもあります。

 

悩ましいなー(^^)